ジントニックの原価率

飲食店、特に居酒屋で人気が高く支持があるのがカクテルですよね。女性でも飲みやすい甘いドリンクなどもありますから、居酒屋における定番メニューとなっています。その中でも、男性からも女性からも人気があるのがジントニックです。

 

居酒屋ではどこでも提供しているようにも感じますよね。どこでも採用しているということは、人気があるということでもありますし、お店側としてもオイシイということでもあります。ジントニックの原価率について少し見ていくことにしましょう。

 

 

ジントニックの原価率はバーなど専門的な場所ですと15%程度といわれ、チェーン店にもなると9%になると言われています。500円でジントニックを販売しているとしたら、専門店などでは、原価が75円ですが、チェーン店では50円を切る計算になります。1杯売れればかなり儲かることが分かりますね。

 

そんなこともあり、原価率を考えるとカクテルなどはとても高いですよね。だからチェーン店などではお酒の飲み放題が2時間で1000円などという破格の価格を提示できる訳です。原価率が低いので、飲み放題にできるという考え方ですね。

 

一方の専門店になると、とてもではないが飲み放題を2時間で1000円なんてことはできないようです。安くても2500円が相場でしょう。それだけ質にこだわっているので、そういった部分も値段には関係してくるのかもしれませんね。

 

 

今回はカクテルの中でも人気が高いジントニックの原価率を見ていきました。もし居酒屋で飲み放題を頼むときは、原価率の高いビールを頼むようにするとお客目線としては一番割に合うということですね。